【号外速報】Koehres開封

開封していく。

  • 箱は欧州でよく使われているタイプの渋い作り(日本で使われている段ボールとは異なる質感、見た目)。
  • 箱には税関検査のため開封されたものの、日本郵便にて再装した旨が書かれたテープが貼られている。
  • ドイツ語新聞紙でイオナンタの種類ごとに梱包されている。
  • 新聞紙の中はイオナンタ同士が擦れ合う余地はある。
  • 種類によっては押しつぶされるまではいかないものの、葉が一部変形しているものもあった。致命傷には至らないと思われるため、許容範囲内。
  • 一緒に購入したイオナンタ種子などにも植物防疫検査が行われた旨を示すテープが貼られている。

梱包についてはあまり細かいことにはこだわらない方がよい。新型コロナで大変な時に、わざわざドイツから送っていただいたのだから。

購入したイオナンタ一覧

Tillandsia ionantha

札落ちイオナンタ?在庫過多イオナンタを適宜格安処分?

Tillandsia ionantha seeds

種子も数種類購入。

Tillandsia ionantha Agua Blanca 2000 meter

細い葉が特徴的。前回購入時と大きく異なる見た目の個体が届いた。

Tillandsia ionantha var. Albiflora

開花個体が届いた。花粉などは乾いており、使えそうにない。

Tillandsia ionantha var. Grosse form

縦長の容姿が特徴的。前回購入時と大きく異なる見た目の個体が届いた。

タグにはbigと書かれている。

東南アジアからここ数年入荷されるようになったionantha Thick Leafに似てなくもない。

Tillandsia ionantha var. Haselnuss

待ちに待ったHaselnuss。筋肉質、肉厚、ツルツルな葉が特徴的で予想通りの個体。事故ったのか数十株届いてしまった。。。欲しい方はお問い合わせください。

米国TI産Hazelnutやオランダ産Hazelnootとは大きく異なる見た目。やはりヘーゼルナッツ一括りでの分類には無理があり、Haselnuss、Hazelnoot、Hazelnutは異なる種と考えた方がよさそう。

Tillandsia ionantha var. Maxima

全体的に大きい。前回購入時と概ね同じ見た目の個体が届いた。

Tillandsia ionantha var. Stricta

細い葉が特徴的。RFI産Strictaの幼生時に似ている。TI産Rositaの詰まった感じとは異なる見た目。

Tillandsia ionantha var. Vanhyningii

前回購入時と大きく異なる見た目の個体が届いた 。TI産や東南アジア産バンハイニンギーに似ている。

Koehresでも複数系統のVanhyningiiが存在するものと思われる。前回購入時は細く全体的にすらっとした株が複数届いている。

番外編

Tillandsia atroviridipetala var. Yagulensis

超巨大株。実生数十年は経過していると思われる。

ここ数年扱いがなかったが、たまたま購入できた希少種。

Tillandsia boqueroensis

paraibensisに似た見た目。栽培難易度が高く、強光を必要としそうな見た目。1週間程度馴化させてから太陽光+メタハラ+蛍光灯+LED直下行き。

根元に少々の水苔、コルクに張り付けて育てる予定。

Tillandsia grandispica

一般的にアトロとして出回る種に似ている。mauryanaにも似ている。開花した状態で届いた。

コルクに張り付けて育てる予定。

Tillandsia takizawae seeds

ほぼ発芽することはないそうだが、念のため購入。

MS培地で育てる予定。

後日談(2020年7月26日記述)やはり発芽せず。格安で大量に出回っているが、ネタ程度ととらえ、発芽は期待しないほうがよい。

Tillandsia penascoensis

1株購入だったが、双頭が届く。栽培難易度が高く、強光を必要としそうな見た目。1週間程度馴化させてから太陽光+メタハラ+蛍光灯+LED直下行き。

根元に少々の水苔、コルクに張り付けて育てる予定。

他にも複数購入予定であったが、閉店間際のため追加できなかった種も複数あり。サイトが復活しない限り、もう入手はできない。終売。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です