Tillandsia ionantha var. vanhyningii minor発根開始

2020年6月入荷のニンギー極小種ついに発根確認。LED直下の一等地に置いているため、発色良好。 本種は成長遅く、一般流通はまずない。10株未満しか入手できず、来日当初は機嫌を損ねており、枯れかけたのも数株。芯が抜け、終… Tillandsia ionantha var. vanhyningii minor発根開始 の続きを読む

RFI産のTillandsia funckiana各種買ってみた

数年前に購入し徐々に増えてきている。写真を見てわかるとおり、子株の時点ではあまり大きな差はないので、子株がとれてしまった際は札落ちフンキアナ栽培群行き要注意。 TI産のandreana x funckianaは終売して久… RFI産のTillandsia funckiana各種買ってみた の続きを読む

Tillandsia ionantha albomarginata x aff. capitata Temascalから数%出現するほぼ全白化株について

ほぼ全白化イオナンタの来歴は下記のとおり。徐々に枯死していっており、残り数株のみ。培地や栽培方法に工夫をすることで生存率は上げていけると思われるため、将来的には全白化イオナンタの固定も不可能ではない。 2018年 交配 … Tillandsia ionantha albomarginata x aff. capitata Temascalから数%出現するほぼ全白化株について の続きを読む

Tillandsia ionantha var. vanhyningii extreme

終売して久しいRFI産ニンギー。数年前に数株だけ試しに導入、しばらく放置していたところ、子株が出ていた。 普及種との違いは誤差程度であるが、あえて言えば葉が密になることくらいか。 ニンギーは他にも複数系統あって集めだした… Tillandsia ionantha var. vanhyningii extreme の続きを読む

緊急事態宣言なので初心に帰って改めてTillandsia ionantha Druid Guatemala formについて言及してみる

数年前に某国大手農園で売られていたもの。メキシカンフォームよりも葉が長くすらっとしているとのことであったがどうみても普通のドルイドにしか見えない。消費者を紛らわすような名前つけたり商品説明するのはやめていただきたい。一応… 緊急事態宣言なので初心に帰って改めてTillandsia ionantha Druid Guatemala formについて言及してみる の続きを読む

緊急事態宣言下にTillandsia ionantha crestedを眺める

米国TI由来の終売イオナンタクレステッド、少なくとも3系統くらいはありそう。 1.細葉密集系統 2.中窪系統 3.先祖帰り系統 同じクランプから複数系統発現したりもするので表現は安定していない。長い時間かけて選別していけ… 緊急事態宣言下にTillandsia ionantha crestedを眺める の続きを読む

緊急事態宣言中に珍しいイオナンタを手に入れたい場合はどうしたらよいか

ダイソーイオナンタやホームセンターイオナンタで満足できていたのに、今は海外から日本で誰も持ってないイオナンタを仕入れないと満足いかない体質になってしまった人も多いはず。 ではphyto完備必須、防疫検査厳格化したアフター… 緊急事態宣言中に珍しいイオナンタを手に入れたい場合はどうしたらよいか の続きを読む

緊急事態宣言がイオナンタに与える影響

緊急事態宣言が発令され、戦々恐々として自宅にこもる日々が始まった。 2020年4月の緊急事態宣言時の経験から、個人輸入に与える影響は軽微かもしれない。もちろん、航空便数減少や植物防疫所不稼働が前回以上なら話しは変わってく… 緊急事態宣言がイオナンタに与える影響 の続きを読む