庖丁にやさしいまな板 包丁にやさしいまな板

写真1.2022年8月撮影、専用箱(表)
写真2.専用箱(裏)
写真3.取扱説明書(表)
写真4.取扱説明書(裏)
写真5.株式会社天領まな板
写真6.使い始めて約1カ月後の様子、2022年8月撮影
写真7.厚さ2.0cm

かっぱ橋の釜浅商店でまな板購入。

まな板とかこれまで全く興味なかったけど、かっぱ橋でいろいろと歩き回っていたところ、やたら「株式会社天領まな板」のよさげな普通の素材(確かポリエチレン)のまな板を見かけており、独特な雰囲気の梱包、簡易化された商品説明書に心がどよめいていたところでの釜浅商店の酢酸ビニル版でとどめさされる。さすがにこれの実物見ちゃうと買わざるをえなかった。質感よし、ずっしり重く安定感っぱない。

結構高く、酢酸ビニルの市場価格や素材特性とか考えたこともなかったため、適正価格か使いやすいか判断できる予備知識全くなかったけど、同店で売られてた山田工業所、北陸アルミニウム、姫野作.などの各種鍋(コラボ商品やメーカーオリジナルなどいろいろと置いてる)の値段みてもそこまでマージン取ってない雰囲気。実店舗なら許容範囲の価格と推測されたので半日程度迷ったあげく、閉店間際に再度店に舞い戻って購入。

いや、かなりよい。とりあえずこれかってからうっすらとQOL上昇した希ガス。3000円でこの満足感はかなりいいのでは。いつ終売になってもよいように、予備買うかも。サイズ違い、同じ天領まな板の材質違いも気になる。

おすすめ、とりあえず買いましょう。