Tillandsia ionantha Agua Blanca

写真1.2019年12月入手株
写真2.2020年3月入手株
写真3.2020年7月25日撮影、子株が生えシードポッドも複数確認できる
写真4.2021年3月10日撮影、若干奇形気味のシードポッド形成中、曲がってるシードポッド初めて見たかも、恐らく種子は普通に育つはず

Koehresで取り扱いのあったイオナンタ。終売。

2018~2019年頃に入手した株と2020年3月に入手した株とでは大きく表現が異なり、2020年3月に入手した株が本種であると思われる。

入手時期によっては何らかの理由により本種ではない別種が公式サイトで販売されていた可能性も。個体差や環境変異の可能性も残るが、あまりに表現が異なり、同種とは思えない。

BCRによると、ionantha x magnusianaの自然交雑種とされる。magnusianaほどではないにせよ暑さや寒さに弱い可能性があるため35℃以上や15℃以下にしないなどの工夫が必要かもしれない。ionanthaの血が入るため30℃、5~10℃くらいまでは耐える可能性も。

【葉】緑~赤、細長い

【花】紫

【栽培難易度】普通

【成長速度】遅い

【入手難易度】終売しており、入手は極めて困難

【参考価格】-

【BCR登録】あり

最終更新日:2021/3/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です