Tillandsia ionantha Thick Leaf

写真1.2019年6月開花時、spp. Singaporeとして入手、Uncle Vuth Pearlと交配
写真2.2019年7月開花時、spp. Singaporeとして入手、Apple Greenと交配
写真3.2020年3月開花時、spp. Singaporeとして入手
写真4.2020年4月開花時、spp. Philippinesとして入手
写真5.2020年4月開花時、spp. Thailandとして入手

東南アジアから最近入荷されるようになったイオナンタ。2019年頃から日本で流通するようになり、イオナンタ愛好家を悩ませている。

Tillandsia ionantha spp. Philippines

Tillandsia ionantha spp. Singapore

Tillandsia ionantha spp. Thailand

としても流通する。あくまでも業者の申告名であり、謎系イオナンタ。正確な名称は定まっていないと思われる。

普通のイオナンタは根元に子株を出すが、本種は茎の間から子株を次々に出し、イオナンタ愛好家諸氏の常識を覆す。子株は出現から1年以内、十分大きくなる前に開花する傾向が強いため、日本では入手時ほど巨大な株にはならないと思われる。

日本到着後にすぐ枯れる系ホルモン漬け疑惑も若干残るが、枯れる個体はそう多くない。これまで十数株入手したが、完全に枯れた個体はゼロ。茎がふにゃふにゃになって半分程度枯れた個体は数株あったが、しばらくしたらだいぶ回復した。見栄えは悪くなったが、数年経過すれば概ね回復するかと。

【葉】緑~赤、太い、固い

【花】紫、開花しやすい

【栽培難易度】普通

【成長速度】普通、子株をよく出す

【入手難易度】海外業者がイベントの際に持ち込んだものを入手可能

【参考価格】-

【BCR登録】なし

最終更新日:2020/6/14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です